始める前に知りたかった。節税ではない! ふるさと納税の3つのよくある勘違い。

ふるさと納税とは

どーも、ふるさと納税オタクのふる太郎です。
僕は、2015年からふるさと納税を始め、年間100箇所以上の自治体に寄附をしています。

ふるさと納税をしている方に質問です。
あなたが、ふるさと納税を始めた理由はなんですか?
または、始めようとしている理由はなんですか?

お得だから。と答える方が大半だと思います。
しかし、その「お得」の理由がいまいち理解していない方も大半だったりします。

僕もその一人でした。
当初、とりあえず始めた方が良さそうと思い、ふるさと納税を始めました。
「お得だから」という理由だけでした。
しかし、ふるさと納税を利用していくうちに、色々とふるさと納税について勘違いしていたことに気づきました。

今回は、ふるさと納税の3つのよくある勘違いを紹介したいと思います。

こんな人に読んでほしい!

・ふるさと納税は、節税だと思って利用している人。
・ふるさと納税を始めようか迷っている人。
・ふるさと納税サイトは、どこも同じだと思っている人。

ふるさと納税の3つの勘違い

早速、ふるさと納税初心者が、勘違いしがちな3つのことを紹介していきます。

勘違い① ふるさと納税は「節税」だと思っていること

ふるさと納税は節税対策でしょ。と思っている方、それは間違いなんです。
節税効果はありません。

ふるさと納税とは、ある自治体に寄附し、その見返りとして返礼品をいただきます。
そして、寄附額のうち2,000円は自己負担。越えた分は、所得税と住民税から控除されるという制度です。
つまり、実質2,000円の自己負担で、返礼品を受け取れるお得な制度というわけです。

しかし、ここで注意が必要です!

ふるさと納税をすることで、

納税額が減っているわけではありません。あくまで税金を前払いしているだけ

なのです。

例えば、普段2,000円で購入できるお米を、10,000円でふるさと納税したとします。
すると、8,000円を普段より余分に支払ったことになります。
この余分に支払った(寄附した)お金が、本来納税すべきだった金額から引かれるということです。

つまり、税金を前払いしている、ということになります。

まとめると、
ふるさと納税は「節税」ではなく、納税の「前払い」であり、本来納税するお金を返礼品(商品)に変えているということになります。

結果的に、ありがたい制度には変わりはありませんが、計画的に行わないと、場合によっては納税し過ぎというパターンもあるので、注意しましょう。

勘違い② 本当に「欲しいものではない」ものを寄附すること

実はこの事例は、ふるさと納税常連の方でも陥りがちです。

「お得だから、納税前にふるさと納税をしなければ!」と思って、普段のお買い物のように、とりあえず寄附してしまうのです。

勘違い①で説明した通り、ふるさと納税は税金の「前払い」です。
自分のポケットからお金が減るということに、事実上変わりはありません。

ふるさと納税を行うときは、自治体や返礼品をしっかり理解した上で、本当に欲しいものなのかどうかを自問自答することが大切です。

お金の無駄遣いにならないように注意が必要です。

これは僕の経験談ですが、
返礼品がビールの自治体に寄附をしたことがあります。(還元率は特別良くなかった)
お得だから、返礼品を買わないと損だと思い、なんでも良いから必要なものを返礼品として選びました。
よくよく考えると、そのビールはどこにでも売っていて、近くのスーパーの方が安く購入できます。
さらに待つことなく、今すぐ飲むことができるのです。
わざわざ返礼品にビールを選ぶことは僕にとって、あまりメリットはありませんでした
それなら、その地域でしか手に入らないお肉やお米を返礼品に選ぶ方が、その自治体のこともよく知ることができ、メリットを感じました。
※ビールの返礼品が良くないわけではありません。

そして現在は、適当に返礼品を選ぶことはせず、気になる自治体や良い返礼品(良い還元率)がどうしても見つからない場合は、納税することにしています。

勘違い③ ふるさと納税サイトは「どこでもいい」と思っていること

ふるさと納税サイトは、たくさんあります。
寄附するという目的としては、どのサイトを利用しても構いません。

ただ、CMで見たから、上司や友人に勧められたからという理由で、安易にサイトを決めてしまうのは、のちのち後悔することになる場合があります。

ふるさと納税サイトによって、自治体数や返礼品数、ポイント付与、返礼品ジャンル数など、まったく違うからです。

複数のサイトでもふるさと納税できますが、個人的にはあまりメリットを感じていないので、よほどの理由がない限り、1つに絞って良いと思います。

「節税」ではないと理解した今、必要なのは、ふるさと納税サイトを自分に適したサイトを見つけることです。

ちなみに、僕は楽天ふるさと納税を利用しています。

まとめ

よくある、ふるさと納税の3つの勘違いを紹介しました。

まとめると、

・ふるさと納税は、節税ではなく、税金の前払い。
・お得だけの理由で、本当に欲しくないものを返礼品で受け取るのは、お金の無駄遣い。
・ふるさと納税サイトは、サイトによって特性がある。必ず自分に合ったサイトを選ぼう。

そして、ふるさと納税制度を最大限活かすなら、できる限りお得なものを選びましょう。

寄附(社会貢献)は、継続できることが大切です。
節税ではなく税金の前払いと理解し、本当に欲しいもの(応援したい自治体)を返礼品に選ぶ。
そして、もう一つ大切なのが、返礼品の還元率が高いもの=お得なものを選ぶこと。

そうすることで、納得しながらふるさと納税を行えるので、結果的に継続できます。

寄附することに、見返り(お得)を求めることに少し抵抗がある方もいるかもしれません。
しかし、今まで寄附をしたことがなかった(方法がわからない)人たちが、ふるさと納税を行うことで、結果的に社会貢献できてるんですから、とても素晴らしいことですよね。
胸を張って、お得なものを選びましょう。

そして、ふるさと納税を楽しんでいきましょう。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ふるログは、
ふるさと納税に興味がある方や、ふるさと納税の仕組みがイマイチわからない、本当に節税になるの?っと疑問を持った方に、ふるさと納税オタクのふる太郎が、ふるさと納税のリアルを伝えていく忖度なしのサイトです。

PICKUP記事!
ふるさと納税サイトはどこがおすすめ?
(楽天ふるさと納税、ふるさとチョイス、さとふる、ふるなび、ふるさとプレミアムなど徹底比較!)

ふるさと納税の仕組みがよくわからない?
(解説6回にわたって、ふるさと納税の魅力や還元率、限度額計算、節税、確定申告などを解説!ふる太郎のふるさと納税愛も溢れ出てしまっています!)

楽天ふるさと納税ランキングインした返礼品の還元率を紹介!

ふる太郎が実際に支援したふるさと納税の返礼品ブログもぜひご覧ください。

ふる太郎

ふる太郎

2015年からふるさと納税を始めてきました。 ふるさと納税オタクこと、ふる太郎です! 年間100箇所以上寄附。 溢れ出るふるさと納税愛とおすすめ返礼品を紹介していきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP